肥満は大きな障害をもたらすので十分に注意しましょう。肥満でいても何もいいことはなく健康被害が大きくなるだけです。また、体重が少なくても内臓脂肪が多い隠れ肥満もありますので、定期的に健康診断を受けてチェックしましょう。

2016年09月の記事一覧

肥満とエクササイズと加圧について

いつまでもベストなボディをキープして、肥満を防止するためにも、加圧トレーニングをするのも良い方法です。血液の流れを適度に制限をしてトレーニングを行うのが、加圧トレーニングです。有資格者の脂肪のもと、正しい方法で行うことで、加圧トレーニングの効果はより発揮されやすくなります。

専用のベルトがありますので、それを脚と腕の付け根に巻いて運動をします。時間としては短く、負荷も小さいですが、加圧トレーニングはアウターマッスルとインナーマッスルを一緒に鍛えていくことができますし、基礎代謝が向上をします。

肥満歌唱のダイエットを目的としているのであれば、有酸素運動をトレーニングの後にするのがいいでしょう。有酸素運動は脂肪の燃焼効果が高いからです。スタジオで行う加圧トレーニングでは、施設に有酸素のマシンがあると、なおさらいいです。専用の加圧トレーニングのスタジオでトレーニングを行い、それから帰って、自宅の周辺をランニングするのもいい方法です。

加圧トレーニングをすることで、成長ホルモンがたくさん分泌をされることになります。体脂肪を成長ホルモンが分解して、グリセロールと遊離脂肪酸となり、燃焼をされやすい状態で血液に流れていきます。だから、トレーニングの後は、脂肪燃焼効率がいい有酸素運動をするのが良いタイミングであり、結果的に余計に脂肪は燃えやすくなります。

加圧トレーニングは、初めて行う人もは少し大変かもしれないので、無理のないようにやっていきましょう。自宅での肥満対策としては、簡単にできるエクササイズを続けるといいです。短い時間を毎日するほうが、エクササイズの効果はゆっくりとでも、身体にあらわれやすくなります。

続きを読む